出張ボクシング体験
ボクシングレッスンfacebookページ
マンツーマンボクシングアメブロ
ボクシングの基本トレーニング動画

お問い合わせ

営業時間:10:00~22:00

     年中無休

TEL:06-6782-3125

FAX:06-6782-2473

MAIL:soar.inoue@gmail.com

2017年2月13日今日の名言

「歳をとったからといって、それは「終わり」を意味しない。歳を理由に、自分の夢を諦めちゃだめだ。」

ジョージ・フォアマン 

ボクシンググッズ

リンク集

2012年

12月

04日

ボクシングの基本的な攻撃

ボクシングの基本的な攻撃をご説明します。

 

やはりワンツーが基本となり、これがまた究極のパンチになります。

 

オーソドックスの場合、当てる事を優先したジャブで相手をひるませ、全身で打つ右ストレートで仕留めるというのが基本の考え方になります。

 

ボクシングを始めるにあたって色んなパンチ、色んなコンビネーションをおぼえなければいけないというのが頭にあるかもしれませんが、この基本のワンツーの習得を疎かにしてはいけません。

 

世界戦などを見てもレベルの高い戦いであるほどこのジャブとストレートの刺し合いが続きます。

始めは何を打つかよりもジャブとストレートをいつ打つか、どのタイミングで打つかなど工夫をして考えていく必要があります。

 

左を制する者は世界を制するという言葉にあるようにこのジャブというのは本当に大事なパンチです。

 

ボクシングはまずパンチを当てなければ話になりません。

このジャブをいかにノーモーションで、そして相手の呼吸、リズム、距離を読んで打つかで戦いは変わってきます。

 

レベルの高いボクサーは試合が始まって最初のこのジャブの打ち合いで相手のレベルがわかると言います。

実際にこのジャブの精度をいかに上げているかで戦局は大きく変わります。

 

まずこの当たるパンチを持っているという事が重要ですね。

そして仕留めるストレートももちろんノーモーションでしっかり足腰肩を使い打つ事が大切です。

0 コメント